忍者ブログ
躁つ病の症状や治療などの情報について提供していきます。
19 . October
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

06 . June
躁うつ病の場合、特に生活上に大きな支障がない限り、通院治療で行われることが多いと思います。ただし、躁状態があまりに強い場合や、うつ病の症状が強くて自殺企図等がある場合には入院治療を行う場合もあると思います。

通院治療では、ほとんどが薬物治療で、服用してもらった薬をしっかりと飲んで精神状態を安定させるということに焦点があてられると思います。

精神科の場合にも、夜間診療がありますから、仕事をしている人でも夜間診療を受けられる躁うつ病の方も多いのではないかと思います。

躁うつ病でもそうですが通院治療で大事なことは、主治医にちゃんと自分の症状を相談できる医師を選ぶことじゃないかと思います。自分の中で少しほっとできるような通院治療の場を選びたいものです。

ちなみに躁うつ病の通院治療の場合は、自立支援医療に入りますので、申請すれば所得にもよりますが通院治療費が1割負担です。

その際には医師の診断書が必要になります。提出先、窓口は各保健所で受け付けてくれます。

PR
NAME
TITLE
TEXT COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事にトラックバックする:
Powered by NINJA BLOG  Designed by PLP
忍者ブログ / [PR]